「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

プレスリリース

 


( 2015/02/06 )

第8回「子供たちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!」

〜100万円分の書籍を小学校に!「JWord本プレ」からの寄贈を希望する小学校を募集します〜

 GMOインターネットグループで日本語キーワード検索サービス「JWord」(ジェイワード)を運営するJWord株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:古梶 秀樹 以下、JWord社)は、社会貢献活動の一環として実施している、第8回「子供たちに素敵な本との出会いをプレゼントしよう!」(略して「JWord本プレ」。朝の読書推進協議会後援)において、書籍の寄贈を希望される小学校を本日2015年2月6日(金)から2015年3月31日(火)まで募集いたします。

第8回「JWord本プレ」では、2015年3月頃までに目標金額100万円の達成を目指し、引き続き仮想募金の募集を行ってまいります。

第8回「JWord本プレ」寄贈先小学校の募集

 「JWord本プレ」とは、JWord社が2007年から毎年実施している、小学校へ書籍を寄贈することで、子供たちの読書活動を応援する取り組みです。一般のインターネットユーザーから仮想募金100万円を集め、全国の小学校5校に20万円分ずつの書籍を寄贈します。100万円の仮想募金は、小学生・書店員・出版社のスタッフなどが選んだ「小学生にご縁をあげたい本(=小学生に読んでもらいたい本)」に対する推薦コメントへの投票で貯めていきます。これまでに開催した全7回で合計87校へ5,994冊の新しい本を寄贈しています。(実際の資金はJWord社が負担しますので、ユーザーの皆様には費用がかかりません。) 

 2014年8月に開始した第8回「JWord本プレ」では、2015年3月頃までに仮想募金の目標金額100万円の達成を目指しており、この度書籍の寄贈を希望する小学校を全国から5校募集いたします。募集方法と寄贈までの流れ、選定については以下の通りです。また、目標の100万円を達成するまで、引き続き皆様からのご協力をお願いいたします。

第8回「JWord本プレ」寄贈小学校の募集方法と寄贈の流れ、選定について

募集期間 2015年2月6日(金)〜3月31日(火)
寄 贈 日 2015年9月初旬以降 (募金状況により、前後する可能性があります)
寄贈の流れ
  1. 書籍の寄贈を希望する小学校は、募集期間内に、第8回「JWord本プレ」特設サイト内の「応募フォーム」からご応募ください。
  2. JWord社と朝の読書推進協議会により、全国の5つの地域から書籍を寄贈する小学校をそれぞれ1校ずつ、合計5校選出いたします。当選された各小学校へは、4月中旬頃にご連絡いたします。
  3. 当選した小学校と相談のうえ、寄贈する書籍のタイトルを決定します。
    (2015年5月下旬頃に各校の寄贈書籍リストを決定する予定です。)
  4. 各地域の書店の在庫状況などを確認しながら、JWord社が代金を負担して書籍を購入します。
  5. 書籍の購入と並行して、各小学校と寄贈式の日程などを調整します。
    (書籍の購入は2015年5月下旬から6月下旬にかけて行う予定です。)
  6. 寄贈式の模様は、「JWord本プレ」特設サイトでレポートをご紹介します。
選定について
  1. 特設サイトにて「本とのご縁(=5円)を贈る」もしくは、「Facebookでシェアして本とのご縁(=5円)を広める!」ボタンをクリックした後、寄贈を応援したい小学校を指定することができます。この「小学校応援投票」で1位になった小学校は、優先的に寄贈先5校のうちの1校に選ばれます。(※1)
  2. 「小学校応援投票」の結果に関わらず、当募集によりご応募いただいた中から、応募理由が寄贈に相応しいと判断した小学校を残りの4校に選定いたします。
U R L J 本プレ http://honpre.jword.jp/
※1:寄贈を受けるには、この度の寄贈先小学校の募集に応募していることが条件となります。1位に選ばれた小学校も、当募集への応募は必須です。

過去、寄贈小学校に選定された小学校の応募理由のご紹介

今までに寄贈させていただいた小学校の応募理由を、参考までにご紹介いたします。

  • 学級数が多く、調べ学習や同一作家を平行読書する際等で子ども達に十分な数の本をそろえるのが難しいため。また、図鑑や事典も古い物が多いため買いなおしたいけれども、子ども達の要望としては読み物をそろえていくことが必要なため、もしいただけるのなら、学習に使う本をそろえたいと思います。
  • 本校は「豊かな心で学び続ける児童」を目指して、①心の教育の推進②自学の姿勢の育成③地域人材の活用を重点に教育活動を推進しています。現在、週2回の読書タイムに加え、家庭での読書活動を推奨しているところです。現在、本校の図書室にある本は、かなり老朽化しています。新しい本との出会いを通じて、心の栄養を児童に贈りたいと思い、応募しました。
  • 山間へき地小規模校である本校児童は本が大好きです。しかし、近隣には本屋がなく、学校図書館が数少ない本と出会う場所になっています。学校図書館はそういう意味では、地域の図書館(本と出会う場所)になっており、地域の方々にも開放・貸し出しをしています。また、現在保有している本も古い物が多く、新しい本をさらに読ませたいと考え、寄贈を希望しました。

朝の読書について

「朝の読書」は、1988年に千葉県の女子高校で提唱されて全国の学校に広がり、現在約970万人の児童・生徒が実施している読書運動です。「毎日やる」「みんなでやる」「好きな本でよい」「ただ読むだけ」の4原則を基本としています。また2006年12月より読書活動の輪を家庭に広げた「うちどく(家読)」運動もスタートしています。株式会社トーハンは「朝の読書」と「うちどく(家読)」を推進しています。詳しくは、「朝の読書」「うちどく(家読)」のホームページをご覧ください。

J 朝の読書 ⇒ http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0032.html
J うちどく(家読) ⇒http://www1.e-hon.ne.jp/content/uchidoku_top.html

「JWord」について

「JWord」は、日本語キーワードを使って探したい情報にスピーディーにアクセスできるインターネット検索サービスです。Yahoo! JAPANをはじめとした大手ポータルサイトで検索するとJWord登録サイトへのリンクを一社一枠独占で表示します。自社開発したJWordプラグインは、累計7,416万(※2)インストールされています。
※2:2015年1月末時点

【本プレの運営に関するお問い合わせ先】

■JWord株式会社 サービス開発部 三好
 TEL:03-5428-6900 FAX:03-5428-6044  E-mail:honpre@jword.jp

【報道関係お問い合わせ先】

■GMOアドパートナーズ株式会社 グループ社長室
 TEL:03-5457-0916 FAX:03-5728-7701 E-mail:release@ml.gmo-ap.jp

■GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 担当者 石井・島田
 TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp




【JWord株式会社】
会 社 名 JWord株式会社
所 在 地 東京都渋谷区道玄坂1丁目16番3号 渋谷センタープレイス
代 表 者 代表取締役社長 古梶 秀樹
事 業 内 容 ■JWord(日本語キーワード)事業
■テクノロジーライセンス事業


【GMOアドパートナーズ株式会社】
会 社 名 GMOアドパートナーズ株式会社(JASDAQ 証券コード:4784)
所 在 地 東京都渋谷区道玄坂1丁目16番3号 渋谷センタープレイス
代 表 者 代表取締役社長 高橋 信太郎
事 業 内 容 ■インターネット関連広告事業


【GMOインターネット株式会社】
会 社 名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所 在 地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代 表 者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事 業 内 容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業