「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

プレスリリース

 


「JWord」検索結果表示を大幅リニューアル ( 2004/04/15 )

株式会社アクセスポート(本社:東京都港区、代表取締役:翁永飆・沈海寅、以下アクセスポート)が提供する日本語検索サービス「JWord*」は、今年5月にはサービス開始2周年を迎え、この度さらなるユーザービリティの向上とトラフィックの増強を目的としてサービスの大幅なリニューアルを実施することになりました。リニューアルは4月15日の予定です。

今回のリニューアルの主なポイントは、インターネットエクスプローラー(IE)ブラウザーのエクスプローラバーを利用した検索結果の表示形式です。この変更により、JWordユーザーの検索利便性がさらに高まり、より簡単で便利な情報検索サービスとして活用いただけるようになります。現在JWordユーザー**は約1,500万人ですが、この度のリニューアルで、より豊富な検索結果をご提供することが可能になり、インターネットの初心者から熟練者までの幅広いユーザーが、見つけたい情報をより少ないアクションで取得することでき、インターネット検索をもっと手軽に楽しんでいただけるようになります。

■ 主なリニューアル内容

今回のサービスリニューアルにより、全ての検索結果に関して、エクスプローラバーを利用した左右2つのウィンドウによる検索結果の表示形式に統一しました。
これまでJWordによる検索結果にはパターンが2種類ありました。1つは、ユーザーの入力した語句にJWord登録情報が完全一致した場合、当該サイトがダイレクトに表示されるものです。(参考キャプチャー画面,よび△痢嵎儿港亜廚鮖仮函砲發1つは、ユーザーの入力した語句にJWord登録情報が完全一致しない場合ですが、その場合左右2つのフレーム内にJWord登録情報と提携検索サイトの結果を表示する形式です。(参考キャプチャー画面の「変更前」を参照)

■ サービスリニューアルによるユーザーメリット

(1) 「JWord検索結果画面がさらにわかりやすく」

ユーザーが入力した検索語句がJWord登録情報と一致するしないに関わらず、左右2つのウィンドウの検索結果が表示されるため、「JWordの検索結果」としてわかりやすい表示となりました。

(2) 「探したい情報の選択肢を増強」

ユーザーが入力した語句に完全一致する情報以外に、関連する情報をエクスプローラーバーへ表示することにより、選択肢が増え検索サービスとしての利便性が向上しました。

(3) 「メインWindow(右側Window)に表示されるサイトのURLがアドレスバーへ表示」

右側に表示されるサイトのフレームを外したことにより、そのサイトのURLが常にアドレスバーへ表示されることになり、ユーザーがその時々に見ているサイトのURL確認を容易にしました。

-----------------------------------------------------------------------
■ 参考:JWordのリニューアルの詳細
-----------------------------------------------------------------------

(1) JWordに登録されているサイト名や商品名と完全一致した場合

従来のダイレクトアクセス表示に加えて、エクスプローラバーへ関連情報を表示するよう変更しました。
アドレスバーから入力された語句が、JWordに登録されているサイト名や固有な商品名と完全一致した場合、右側にはダイレクトなサイト表示を、左側エクスプローラバーにはそれに関連する情報を表示します。この時右側に表示されているサイト名は、エクスプローラーバーの最上位に「HIT」マークで印されます。

「HIT」→登録されているサイト名や固有な商品名と完全一致    (例:朝日新聞/伊藤忠商事/首相官邸/ドラクエなど)



(2) JWordがおすすめするサイト名と完全一致した場合

右側にはダイレクトなサイト表示を、左側エクスプローラバーには関連する情報を表示します。この時右側に表示されているサイト名は、エクスプローラーバーの最上位に「PR」マークで印されます。

「PR」→登録されている一般的な商品名、サービス名と完全一致  (例:グルメ/人材派遣/ホテル/壁紙/など)



(3) 一致するJWord登録情報がない場合

入力された語句がJWord登録情報と一部一致した場合や、一致する情報が無かった場合、右側は複数の検索サイトの結果を表示します。ユーザーは用意された複数の検索サイトの中からのタブを選んでクリックするだけで、色々な検索結果を瞬時に見ることが可能です。右側へダイレクトにサイトが表示されない場合でも、一画面で複数の検索サイトの結果を比較でき、ユーザーの選択肢を広げます。



(4) カテゴリ検索について

ユーザーは、アドレスバーから入力した語句が、同時にエクスプローラーバーの検索ボックスに残るため、最初に入力した検索語句を確認することができ、これを利用してニュースやショッピングなどのカテゴリ検索を行うことが容易になりました。各カテゴリを切替えるたびに何度も探したい語句を入力する必要がなく、これは従来のJWordマルチサーチ機能を踏襲した形となります。カテゴリの中にはJWordが厳選して用意した複数のサイトがあり、このカテゴリを利用すると画面右側の上端にタブが出現し、ここへ複数のサイトが表示されるようになっています。
(詳細は http://www.jword.jp をご覧下さい)



-----------------------------------------------------------------------
■ JWordについて
-----------------------------------------------------------------------

【JWordデータ】

◆ プラグインユーザー数 :1,501万人
◆ 登録情報キーワード :165,000キーワード (企業名や公共機関、サービス名、商品名、タレントなどのほか、郵便番号など)
(データは2004年4月7日現在)

【JWordの概要】

JWordはアドレスバーから、直接日本語で簡単にインターネット検索できるサービスとして2002年5月にスタートしました。中国語圏では、既に4000万人以上のアクティブユーザーを実績とする「3721.com」の日本語版です。日本人にとって自然言語である日本語で検索するので、ユーザーは記憶に残った語句で簡単に探したい情報を見つけることができます。その利便性が支持され、ユーザー数を順調に伸ばし、サービス開始から2年未満で、JWordプラグインのインストールユーザー数は1,500万を突破しました。
JWordの利用には専用プラグインソフトのインストールが必要となります。(Internet Exprorer 5.0以上 http://www.jword.jp)


【アクセスポートについて】

アクセスポートは、伊藤忠商事と中国のYahoo China Group「3721 Network Software社」(「3721.com」の運営会社)、グローバルメディアオンライン株式会社などからの出資を受けた企業。同様なサービスを中国で展開しているYahoo China Group「3721 Network Software社」の優れた高速検索エンジン技術をベースに日本語の特徴にあわせたシステムによりJWordを開発しました。

*JWordとはブラウザのアドレスバーにURLではなく直接会社名、商品名などの検索語句やキーワードを入力することで日本語で簡単にインターネット検索ができるサービスです。

**2004年4月7日現在のJWordインストールユーザー数です。


本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先
■ 株式会社アクセスポート 担当:綿引 TEL03-3560-6184 FAX03-3560-5124 E-mail: press@accessport.jp
■ お客様用お問合わせ先 TEL.03-3560-6184  support@jword.jp