「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

プレスリリース

 


幅広いジャンルの検索が可能へ!JWord新サービスを開始 ( 2004/04/01 )

株式会社アクセスポート(本社:東京都港区、代表取締役:翁永飆・沈海寅、以下アクセスポート)が提供する日本語検索サービス「JWord*」が2002年5月のサービスインから現在に至るまでに利用クライアント数、1,500社を突破いたしました。 利用クライアント数とは、「JWord」をインターネット広告の一環として、そして煩雑なドメインネームの代わりとして導入した企業のことです。約2年間で1,500社を導入したのは約1,400万人のユーザーに訴求可能なのと、効率よく企業サイトに誘引できる利点、新聞・雑誌などの既存メディアを二次活用できる3つの利点が主な理由になります。

今後は2004年度内に5,000社の利用クライアント数を目指し、インターネット広告の一環として、そして煩雑なドメインネームの代わりとして活用される「JWord」の普及を目指します。
(*JWordとは、ブラウザのアドレスバーにURLではなく直接会社名、商品名、サービス名などの検索語句やキーワードを入力することで、日本語で簡単に検索できるサービスになります。)


-----------------------------------------------------------------------
■「JWord」利用クライアント数1,500社突破の理由
-----------------------------------------------------------------------

JWord利用クライアント数は、サービスインの2002年5月から12月までに約400社、翌年2003年1月から12月までに約1,050社となり、2004年3月現在で1,500社を突破いたしました。下記にその理由の詳細を記載いたします。

1) 1,400万人のユーザーに訴求可能

サービス開始以来、順調にユーザー数を伸ばし、1日平均20,000以上のユーザーにインストールをされています。 パソコン出荷数シェアトップのNECパソコンにもプリインストールされていることも影響し、2004年3月31日現在で約1,400万人のユーザーが利用しています。利用者の増加に伴い、クライアント数も増加しています。

2) 効率よく企業サイトに誘引

日本語で直接会社名、商品名、サービス名などの検索語句やキーワードを入力することで、JWord登録情報にダイレクトにアクセスできるという利点の結果、効率よくユーザーを企業サイトに誘引することが可能です。また、JWordの提携サイト(BIGLOBE、excite、NAVER、freshEYE)からの誘引もアクセス数増加に貢献しています。

3) 新聞・雑誌などの既存メディアの二次活用

新聞・雑誌などの既存メディアへ商品・会社名を掲載する際に、「JWordで検索」という文言を追加する手法が増えています。そうすることで、「既存メディア→企業サイト」という連携した形で誘引数を増やすことができます。

今後は、2004年3月31日現在で約70社の販売代理店の拡充や、新サービスの積極的な導入により2004年度内に5,000社の利用クライアント数を目指します。

-----------------------------------------------------------------------
■参考資料:JWordのサービス内容
-----------------------------------------------------------------------

JWordは、ブラウザのアドレスバーにURLではなく日本語で直接会社名、商品名、サービス名などの検索語句やキーワードを入力することで、目的サイトにダイレクトにアクセスできることをサービスの根幹として2002年5月にスタートしました。2004年3月現在、ダイレクトアクセスの利便性に加え、マルチサーチ機能によって総合情報検索サービスへパワーアップいたしました。JWordには、大きく2つのサービスがあります。

1) ダイレクトアクセス

同サービスに登録された約16万語の企業名やサービス名、学校名、郵便番号などと一致した日本語を、ブラウザのアドレスバーにURLではなく日本語で直接会社名、商品名、サービス名などの検索語句やキーワードを入力することで、、そのキーワードに対応するウェブページにダイレクトにアクセスできるサービスです。例えば、「モーニング娘」を入れるだけで、モーニング娘の公式サイトに。「射手座」のように星座名を入力すると、その星座の占い運勢情報ページにジャンプできます。

2) マルチ検索サービス

アドレスバーに入力したキーワードがJWordに登録されていなかった場合、検索結果の右側に従来のWEB 検索以外にユーザーのニーズに応じて用意した様々なジャンルの検索結果を表示します。各ジャンルに応じてJWord側が厳選して用意した検索サービスを持つ様々なサイトの検索が利用できる状態になっているため、ユーザーは各ジャンルの情報を1つのキーワードで取り出すことが可能です。
またワンクリックで各ジャンルを切り替えて情報の検索ができるため、各ジャンルを切り替えるたびにキーワードを再入力するというような煩わしい手間もなく、簡単にご利用頂けます。
現在用意された検索ジャンルは「ウェブ」「ニュース」「ショッピング」「ソフト」「コミュニティ」「エンタメ」「グルメ」「地図・旅行」の8ジャンルです。特に検索ジャンル「ウェブ」は、BIGLOBE、excite、NAVER、freshEYEなどのウェブ検索結果を即時に表示するため、インターネットユーザーにとって大変利便性の高いサービスとなっています。

※ダイレクトアクセスの概念図





【会社概要】
アクセスポートは、伊藤忠商事と中国のYahoo China Group「3721 Network Software社」(「3721.com」の運営会社)、グローバルメディアオンライン株式会社などからの出資を受けた企業。同様なサービスを中国で展開しているYahoo China Group「3721 Network Software社」の優れた高速検索エンジン技術をベースに日本語の特徴にあわせたシステムを開発しました。


本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先
■ 株式会社アクセスポート 担当:綿引 TEL03-3560-6184 FAX03-3560-5124 E-mail: press@accessport.jp
■ お客様用お問合わせ先 TEL.03-3560-6184  support@jword.jp