「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

プレスリリース

 

「JWord」(日本語キーワード)ユーザー数1,000万人を突破!

( 2003/08/28 )

「JWord(日本語キーワード)」サービスの利用ユーザーが2003年8月25日で1,000万人を突破しました。

JWordサービスは、ユーザーが専用プラグインソフト(JWordプラグイン)をインストールすると、ブラウザのアドレスバーにURLの代わりに、直接会社名、商品名、サービス名などの日本語語句を入力することにより、ウェブサイトや検索結果にダイレクトにアクセスできるサービス。既に中国語圏では4,000万以上のアクティブユーザーに毎日3,500万回利用されている実績のあるサービス3721.comの日本語版。 昨年5月にサービスをスタートし、順調にユーザー数を伸ばし、平均毎日20,000以上の新規インストールを続けており、パソコン出荷数シェアトップのNECパソコンにもプリインストールされています。 アクセスポートはJWordプラグインをインストールできる提携サイトを更に増やし、2004年3月でインストールユーザーが2,000万人となる見通しです。

簡単で便利だからユーザーが急増
いままで、インターネットユーザーがウェブページに訪問するには、アドレスバーからURLを入力、または、検索サイトの検索ボックスで検索キーワードを入力する必要がありました。JWordサービスでは、ブラウザーのアドレスバーからURLの代わりに直接日本語を入力するだけで、目的のウェブサイトもしくは検索結果にアクセスできます。ユーザーにとって、煩雑なURLをいちいち覚える必要がなく、また検索サイトに移動してから検索する手間も省ける大変便利なサービスであるため、利用ユーザーの急増に繋がりました。 また、近年ではブラウザの上部に位置する部分に色々なサービスから配布されるツールバーを利用した検索が注目された事からもわかるようにインターネットユーザーはより簡単な検索方法に関心があります。 そして、「JWord」はもっとも直感的でもっとも簡易な次世代の検索方法として今注目されています。
インターネット初心者から熟練者まで、優しい「JWord」
いままでインターネット情報検索を行うには、Yahooやgoogleのような検索サイトで検索するのは一般的でしたが、JWordサービスを利用することによって、アドレスバーから直接インターネット情報検索が可能であるため、インターネット初心者にとってインターネットサーフィンを始めるのに大変簡単な便利サービスです。アクセスポートは、今後インターネットの更なる普及の牽引力となる老人や小中学生などがより簡単でよりインターネットに親しめるように貢献すべく、サービスを提供して行きます。
また、アクセスポートの調査により、JWordサービスの利用ユーザーの80%以上がインターネット利用暦が1年以上のインターネット経験者であることが分かりました。最少ステップで必要な情報にリーチできる効果的な検索サービスとしてインターネットをよく利用するユーザーにも愛用されていることが伺えられます。

アクセスポートは、今後もJWordサービスのナビゲーション結果の改善及び検索内容の充実化を積極的に取りこみ、ユーザーの期待に応えるべく、ユーザービリティーの向上を目指します。