「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

プレスリリース

 

BIGLOBEサーチAttayoにてJWordサービス連携開始

( 2003/1/15 )

株式会社アクセスポート(本社:東京都港区、代表取締役:翁永飆・沈海寅、以下アクセスポート)は日本電気株式会社と提携し、日本電気株式会社が運営するインターネット情報サービスの「BIGLOBE」(http://www.biglobe.ne.jp)のインターネット検索サービス「BIGLOBEサーチAttayo(http://attayo.jp)」上において、アクセスポートが提供する日本語キーワードサービス(以下、JWordサービス)に登録された情報(以下、JWordリンク)の表示を開始する。

JWordサービスは、ユーザーが専用プラグイン(以下、JWordプラグイン)をインストールしてから、ブラウザのアドレスバーにURLの代わりに、直接会社名、商品名、サービス名などの日本語語句を入力することにより、ウェブページや検索結果にダイレクトにアクセスできるサービス。既に中国語圏では3,000万以上のアクティブユーザーに毎日3,500万回利用されている実績のあるサービス3721.comの日本語版。2002年5月17日のサービス開始以来、地図、ニュース、旅行、グルメなど各人気ジャンルの主要ウェブサイト30以上とパートナーシップを締結し、約半年でブラウザーのアドレスバーからJWordサービスを利用できるユーザー数が400万を突破した。

BIGLOBEサーチAttayoにJWordリンクを表示することにより、ユーザーがBIGLOBEサーチAttayoでJWordサービスに登録された会社名、製品名、サービス名、学校名、タレント名などのキーワードで検索を行った時に、その公式サイトへのリンクが検索結果の上位に表示される。また、12月24日より、BIGLOBEサーチAttayoのサイト上から及びBIGLOBEツールバー※1に同梱した形でJWordプラグインの配布を開始した。

高まるユーザー利便性
BIGLOBEサーチAttayoでは、会社名、商品名、サービス名、タレント名などで検索するユーザーの多くは、公式サイトへアクセスすることが分かっており※2、JWordリンクの表示により、ユーザーが多くの検索結果候補のなかから明確に公式サイトへの誘導が導かれるため、ユーザーの利便性が大きく高まる。また、JWordプラグインをインストールすることによって、煩雑なURLを覚える必要なく、直接アドレスバーから日本語でウェブ検索を行うことができるようになる。アドレスバーに入力されたキーワードとJWordリンクがマッチした場合、そのサイトへダイレクトにジャンプでき、マッチしない場合、BIGLOBEサーチAttayoの検索結果が表示されるため、ユーザーの利便性が高まる。



イメージ



高まる企業メリット
JWordサービスはすでに大手ポータルサイトのエキサイトとフレッシュアイと提携をしており、BIGLOBEサーチAttayoとの提携により、JWordサービスに情報登録を行った企業が同時にこれらのサービスのユーザーリーチできるため、登録によるプロモーション効果が大幅高められる。
JWordサービスは2002年8月より、各販売代理店を通じて企業向けに有料登録の受付を開始している。

(※1) BIGLOBEサーチAttayoでは、昨年9月までJWordリンクと同様に、キーワードに関する公式サイトを紹介する「的中ナビ」機能を提供しており、その実績に基づく。
(※2) BIGLOBEツールバーは、BIGLOBEサーチ Attayoの、ウェブ検索、辞書検索、画像検索を、ブラウザのツールバーメニューから利用できるようにするソフトウェアです。(http://search.biglobe.ne.jp/toolbar/top.html)