「使ってみたい」をすべての人へ。
JWord (ジェイワード)は、探したい情報へ簡単にアクセスするためのインターネット検索サービスです。

 Mac OS での検索結果の表示と操作について
 JWord の検索結果の表示と操作について、Web ブラウザ別に記述します。

1. Mac OS 上の Safari での検索結果の表示と操作
2. Mac OS 上の Firefox での検索結果の表示と操作
3. Mac OS 上の Opera での検索結果の表示と操作
4. Mac OS 上の Internet Explorer での検索結果の表示と操作
5. Mac OS 上の Netscape での検索結果の表示と操作

Mac OS 上の Safari での検索結果の表示と操作
この資料では、Mac OS 上の Safari で JWord の検索結果を参照したときの表示と操作について記述しています。
なお、以下の記述は、Safari のバージョン 2.0.1 (412.5) で確認したものです。

1. フレームによる [検索バー] の表示
2. タイトルバーとアドレスバーの表示
3. ブックマークの登録
4. 同時検索で最初に表示される検索サイト

1. フレームによる [検索バー] の表示
JWord では、検索結果を表示する際、Web ブラウザの画面内部の左側に、JWord の [検索バー] を表示します。

Windows 用の Internet Explorer では、JWord の [検索バー] をエクスプローラ バーの一つとして表示しますが、それ以外の Web ブラウザでは、フレーム分割により [検索バー] を表示します。そのため、Mac OS 上の Safari でも JWord の [検索バー] をフレームとして表示します。

このフレームを表示しないように設定するオプションはありません。また、表示の幅を事前に設定することはできません。

[検索バー] よりも右側に表示されている検索結果を全画面に表示したい場合は、以下の手順を実行してください。

    作業手順
    1. JWord で検索を実行します。
    2. JWord の [検索バー] と対象の Web ページが表示されていることを確認します。
    3. Ctrl キーを押しながら対象の Web ページの背景をマウスでクリックします。
    4. 表示されたメニューにある [フレームを新規ウィンドウで開く] をクリックします。

    対象の Web ページが全画面に表示されて、タイトルバーとアドレスバーの内容が対象の Web ページのものになります。

2. タイトルバーとアドレスバーの表示
JWord で検索した直後のタイトルバーとアドレスバーの表示は、JWord の検索結果であることを示すものになっています。

タイトルバーとアドレスバーの表示を検索結果のものにしたいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の [作業手順] を実行してください。

3. ブックマークの登録
フレーム分割により JWord の [検索バー] が表示されている状態で、検索結果をブックマークに登録したいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の「作業手順」を実行した後に、[ブックマーク] メニューの [ブックマークに追加] をクリックしてください。

4. 同時検索で最初に表示される検索サイト
Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときは、[検索バー] の右側に、特定の検索サイトの検索結果を単独で表示します。
また、画面内部の左側の [検索バー] に、キーワードが入力された状態で、[ポータルサイト] などのボタンをクリックすれば、複数の検索サイトの検索結果を切り替えて参照することができます。

なお、JWord Search Widget のインストール直後に、Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索すると、Yahoo! の検索結果を表示しますが、その後は、[ポータルサイト] ボタンをクリックしたときに最後に参照した検索サイトの検索結果を最初に表示します。

Mac OS 上の Firefox での検索結果の表示と操作
この資料では、Mac OS 上の Firefox で JWord の検索結果を参照したときの表示と操作について記述しています。
なお、以下の記述は、Firefox のバージョン 1.0.6 で確認したものです。

1. フレームによる [検索バー] の表示
2. タイトルバーとロケーションバーの表示
3. ブックマークの登録
4. 同時検索で最初に表示される検索サイト

1. フレームによる [検索バー] の表示
JWord では、検索結果を表示する際、Web ブラウザの画面内部の左側に、JWord の [検索バー] を表示します。

Windows 用の Internet Explorer では、JWord の [検索バー] をエクスプローラ バーの一つとして表示しますが、それ以外の Web ブラウザでは、フレーム分割により [検索バー] を表示します。そのため、Mac OS 上の Firefox でも JWord の [検索バー] をフレームとして表示します。

このフレームを表示しないように設定するオプションはありません。また、表示の幅を事前に設定することはできません。

[検索バー] よりも右側に表示されている検索結果を全画面に表示したい場合は、以下の手順を実行してください。

    作業手順
    1. JWord で検索を実行します。
    2. JWord の [検索バー] と対象の Web ページが表示されていることを確認します。
    3. Ctrl キーを押しながら対象の Web ページの背景をマウスでクリックします。
    4. 表示されたメニューにある [このフレーム] にある [このフレームだけを表示] をクリックします。

    対象の Web ページが全画面に表示されて、タイトルバーとロケーションバーの内容が対象の Web ページのものになります。

2. タイトルバーとロケーションバーの表示
JWord で検索した直後のタイトルバーとロケーションバーの表示は、JWord の検索結果であることを示すものになっています。
(Firefox のロケーションバーは、Internet Explorer のアドレスバーに相当します)

タイトルバーとロケーションバーの表示を検索結果のものにしたいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の [作業手順] を実行してください。

3. ブックマークの登録
フレーム分割により JWord の [検索バー] が表示されている状態で、検索結果をブックマークに登録したいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の「作業手順」を実行した後に、[ブックマーク] メニューの [このページをブックマーク] をクリックしてください。
また、フレーム分割がされた状態でも、Ctrl キーを押しながら対象となる Web ページの背景をマウスでクリックして、[このフレーム] メニューにある [このフレームをブックマーク] をクリックすることもできます。

4. 同時検索で最初に表示される検索サイト
Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときは、[検索バー] の右側に、特定の検索サイトの検索結果を単独で表示します。
また、画面内部の左側の [検索バー] に、キーワードが入力された状態で、[ポータルサイト] などのボタンをクリックすれば、複数の検索サイトの検索結果を切り替えて参照することができます。

なお、JWord Search Widget のインストール直後に、Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索すると、Yahoo! の検索結果を表示しますが、その後は、[ポータルサイト] ボタンをクリックしたときに最後に参照した検索サイトの検索結果を最初に表示します。

Mac OS 上の Opera での検索結果の表示と操作
この資料では、Mac OS 上の Opera で JWord の検索結果を参照したときの表示と操作について記述しています。
なお、以下の記述は、Opera のバージョン 8.0.2 (Build 2148) で確認したものです。

1. フレームによる [検索バー] の表示
2. タイトルバーとアドレスバーの表示
3. ブックマークの登録
4. 同時検索で最初に表示される検索サイト

1. フレームによる [検索バー] の表示
JWord では、検索結果を表示する際、Web ブラウザの画面内部の左側に、JWord の [検索バー] を表示します。

Windows 用の Internet Explorer では、JWord の [検索バー] をエクスプローラ バーの一つとして表示しますが、それ以外の Web ブラウザでは、フレーム分割により [検索バー] を表示します。そのため、Mac OS 上の Opera でも JWord の [検索バー] をフレームとして表示します。

このフレームを表示しないように設定するオプションはありません。また、表示の幅を事前に設定することはできません。

[検索バー] よりも右側に表示されている検索結果を全画面に表示したい場合は、以下の手順を実行してください。

    作業手順
    1. JWord で検索を実行します。
    2. JWord の [検索バー] と対象の Web ページが表示されていることを確認します。
    3. Ctrl キーを押しながら対象の Web ページの背景をマウスでクリックします。
    4. 表示されたメニューにある [フレームメニュー] にある [開く] をクリックします。

    対象の Web ページが全画面に表示されて、タイトルバーとアドレスバーの内容が対象の Web ページのものになります。

2. タイトルバーとアドレスバーの表示
JWord で検索した直後のタイトルバーとアドレスバーの表示は、JWord の検索結果であることを示すものになっています。

タイトルバーとアドレスバーの表示を検索結果のものにしたいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の [作業手順] を実行してください。

3. ブックマークの登録
フレーム分割により JWord の [検索バー] が表示されている状態で、検索結果をブックマークに登録したいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の「作業手順」を実行した後に、[ブックマーク] メニューの [ブックマークに追加] をクリックしてください。

4. 同時検索で最初に表示される検索サイト
Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときは、[検索バー] の右側に、特定の検索サイトの検索結果を単独で表示します。
また、画面内部の左側の [検索バー] に、キーワードが入力された状態で、[ポータルサイト] などのボタンをクリックすれば、複数の検索サイトの検索結果を切り替えて参照することができます。

なお、Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときに最初に表示されるのは、Yahoo! の検索結果であり、変更することはできません。

Mac OS 上の Internet Explorer での検索結果の表示と操作
この資料では、Mac OS の Internet Explorer で、JWord の検索結果を参照したときの表示と操作について記述しています。
なお、以下の記述は、Internet Explorer のバージョン 5.2.3 (5815.1) で確認したものです。

1. フレームによる [検索バー] の表示
2. タイトルバーとアドレスバーの表示
3. [お気に入り] の登録
4. 同時検索で最初に表示される検索サイト

1. フレームによる [検索バー] の表示
JWord では、検索結果を表示する際、Web ブラウザの画面内部の左側に、JWord の [検索バー] を表示します。

Windows 用の Internet Explorer では、JWord の [検索バー] をエクスプローラ バーの一つとして表示しますが、それ以外の Web ブラウザでは、フレーム分割により [検索バー] を表示します。Mac OS 用の Internet Explorer の機能は、Windows 版の Internet Explorer とは異なるため、Mac OS 上の Internet Explorer でも JWord の [検索バー] をフレームとして表示します。

このフレームを表示しないように設定するオプションはありません。また、表示の幅を事前に設定することはできません。

[検索バー] よりも右側に表示されている検索結果を全画面に表示したい場合は、以下の手順を実行してください。

    作業手順
    1. JWord で検索を実行します。
    2. JWord の [検索バー] と対象の Web ページが表示されていることを確認します。
    3. Ctrl キーを押しながら対象の Web ページの背景をマウスでクリックします。
    4. 表示されたメニューにある [新しいウィンドウでフレームを開く] をクリックします。

    対象の Web ページが全画面に表示されて、タイトルバーとアドレスバーの内容が対象の Web ページのものになります。

2. タイトルバーとアドレスバーの表示
JWord で検索した直後のタイトルバーとアドレスバーの表示は、JWord の検索結果であることを示すものになっています。

タイトルバーとアドレスバーの表示を検索結果のものにしたいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の [作業手順] を実行してください。

3. [お気に入り] の登録
フレーム分割により JWord の [検索バー] が表示されている状態で、検索結果を [お気に入り] に登録したいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の「作業手順」を実行した後に、[お気に入り] メニューの [お気に入りに追加] をクリックしてください。
また、フレーム分割がされた状態でも、Ctrl キーを押しながら対象となる Web ページの背景をマウスでクリックして、[お気に入りに追加] をクリックすることもできます。

4. 同時検索で最初に表示される検索サイト
Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときは、[検索バー] の右側に、特定の検索サイトの検索結果を単独で表示します。
また、画面内部の左側の [検索バー] に、キーワードが入力された状態で、[ポータルサイト] などのボタンをクリックすれば、複数の検索サイトの検索結果を切り替えて参照することができます。

なお、JWord Search Widget のインストール直後に、Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索すると、Yahoo! の検索結果を表示しますが、その後は、[ポータルサイト] ボタンをクリックしたときに最後に参照した検索サイトの検索結果を最初に表示します。

Mac OS 上の Netscape での検索結果の表示と操作
この資料では、Netscape で JWord の検索結果を参照したときの表示と操作について記述しています。
なお、以下の記述は、Netscape のバージョン 7.1 で確認したものです。

1. フレームによる [検索バー] の表示
2. タイトルバーと場所ツールバーの表示
3. ブックマークの登録
4. 同時検索で最初に表示される検索サイト

1. フレームによる [検索バー] の表示
JWord では、検索結果を表示する際、Web ブラウザの画面内部の左側に、JWord の [検索バー] を表示します。

Windows 用の Internet Explorer では、JWord の [検索バー] をエクスプローラ バーの一つとして表示しますが、それ以外のWeb ブラウザでは、フレーム分割により [検索バー] を表示します。そのため、Mac OS 上の Netscape でも JWord の [検索バー] をフレームとして表示します。

このフレームを表示しないように設定するオプションはありません。また、表示の幅を事前に設定することはできません。

[検索バー] よりも右側に表示されている検索結果を全画面に表示したい場合は、以下の手順を実行してください。

    作業手順
    1. JWord で検索を実行します。
    2. JWord の [検索バー] と対象の Web ページが表示されていることを確認します。
    3. Ctrl キーを押しながら対象の Web ページの背景をマウスでクリックします。
    4. 表示されたメニューにある [このフレーム] にある [このフレームだけを表示] をクリックします。

    対象の Web ページが全画面に表示されて、タイトルバーと場所ツールバーの内容が対象の Web ページのものになります。

2. タイトルバーと場所ツールバーの表示
JWord で検索した直後のタイトルバーと場所ツールバーの表示は、JWord の検索結果であることを示すものになっています。
(Netscape の場所ツールバーは、Internet Explorer のアドレスバーに相当します)

タイトルバーと場所ツールバーの表示を検索結果のものにしたいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の [作業手順] を実行してください。

3. ブックマークの登録
フレーム分割により JWord の [検索バー] が表示されている状態で、検索結果をブックマークに登録したいときは、[1. フレームによる [検索バー] の表示] の「作業手順」を実行した後に、[ブックマーク] メニューの [ブックマークに追加] をクリックしてください。
また、フレーム分割がされた状態でも、Ctrl キーを押しながら対象となる Web ページの背景をマウスでクリックして、[このフレーム] メニューにある [このフレームをブックマークを付ける] をクリックすることもできます。

4. 同時検索で最初に表示される検索サイト
Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索したときは、[検索バー] の右側に、特定の検索サイトの検索結果を単独で表示します。
また、画面内部の左側の [検索バー] に、キーワードが入力された状態で、[ポータルサイト] などのボタンをクリックすれば、複数の検索サイトの検索結果を切り替えて参照することができます。

なお、JWord Search Widget のインストール直後に、Hit サイトや PR サイトに該当しないキーワードで検索すると、Yahoo! の検索結果を表示しますが、その後は、[ポータルサイト] ボタンをクリックしたときに最後に参照した検索サイトの検索結果を最初に表示します。